指揮者のプロフィール

富澤 裕  (トミザワ ユタカ)
東京声専音楽学校(現、昭和音楽芸術学院)卒業。
同校、オペラ研究科修了。作曲を、西崎嘉太郎、青島広志の各氏に、
指揮を、野口政男、小林研一郎の各氏に師事。
1995年、沖縄日伊オペラによるオペラ「阿麻和利」(新垣壬敏作曲)の初演を指揮してデビュー。以来、合唱やオペラの指揮者として活躍している。
 作品は、合唱曲、オペラなどの声楽曲が中心だが、オーケストラ曲や、室内楽曲も発表しており、神奈川フィル、ニューフィル千葉などのオーケストラで編曲を行っている。
近年は、子供のための音楽に意欲を持ち、音楽之友社の雑誌「教育音楽」に作曲、編曲を連載、その多くがCDとなり、広く歌われている。1990年より2001年まで母校の講師として後進の指導にあたる他、日本オペラ振興会オペラ歌手育成部の講師も務めた。またレクリエーションの研究者として評価を得ており、その分野でのビデオや著書(音楽之友社)がある。

東京高齢協合唱団常任指揮者、混声合唱団Tokyo Concert Singers、アンサンブル・ポエム、男声合唱団「ピエロ」指揮者。
多摩シティーオペラ音楽監督。オペラ・ロッジオーネ指揮者。
日本レクリエーション協会公認レクリエーション・インストラクター
日本キャンプ協会キャンプ・インストラクター

 伴奏者のプロフィール

名取 かほり 

東京音楽大学付属高等学校を経て東京音楽大学ピアノ科卒業。同大学研究科ピアノ伴奏者コース修了。ヤングアーティスト・ピアノコンクール金賞、ブリーズリサイタルオーディション合格。

在学中より演奏活動を始め、ソロの他、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団主席オーボエ奏者アルブレヒト・マイヤー氏、ヴァイオリン奏者ボリス・ベルキン氏など、来日演奏家との共演において好評を得る。

東京音楽大学付属音楽教室専属伴奏員、豊島区主催ジュニアアーツアカデミー、同文化カレッジ講師等歴任。また、NHK東京児童合唱団欧州演奏旅行にピアニストとして参加し、ハンガリー・コダーイフェスティバル、ウィーン・リヒテンターラ夏の音楽祭他、各国にて演奏会に出演。現在、室内楽、リサイタルの共演者、各種講習会やオペラ団体、合唱団のピアニストとして広く活動している。

=>To top page