【競技ルール】 バスケットボール競技規則

スポーツ競技規則Navi

バスケットボール競技規則





■競技場と用具
〈コート〉
@障害物のない長方形の平面で、縦28m、横15m。天井の高さは7m以上。
Aコートの大きさはラインの内側ではかる。
Bラインの幅は全て5cm。全て同じ色(できるだけ白色)を用いる。

〈ボール〉
@ボールは球形で皮革、合成皮革又はゴムとする。表面はオレンジ色のパネルを8本の黒いシーム(つなぎ目)で覆ったもの、あるいは オレンジ色と薄茶色(ライトブラウン)のパネルを12本の黒いシームで覆ったものとする。
Aボールには、床からボールの最下点までがおよそ1,80mの高さからコートに落下させたとき、ボールの最高点が 1,20mから1,40mの高さまではずむように空気を入れる。
B皮革の貼り合わせの目の幅は0.635cm以下。
※ボールのサイズ ⇒ こちらを参照

〈競技人数〉
@ゲームは1チーム5人で行う。
Aゲームに出場できるチーム・メンバーは12人以内とする。
Bコーチを1人おき、必要であればアシスタントコーチを1人おくことができる。

〈ユニフォーム〉
・シャツとパンツ着用。濃色と淡色の2種類以上のシャツを用意する。(淡色は白が望ましい)
・プレイヤーは背中に高さ20cm以上、胸に高さ10cm以上のナンバーをつける。番号は4番から15番までの番号を用いなければならない。

■競技の進行
〈競技時間〉
@10分(中学は8分)のピリオドを4回行う。第1ピリオドと第2ピリオド、第3ピリオドと第4ピリオドの間および各延長時限の前に2分のインタヴァルをおく。
A延長時間は1回5分。

〈ゲームの開始〉
@ゲームは両チームとも5人のプレイヤーがそろわないと始められない。
Aゲームはセンター・サークルでのジャンプボールで開始する。

〈ジャンプ・ボール〉
@2人のジャンパーはそれぞれ自チームのバスケット側の半円の中に立ち、片方の足はサークル中央のライン付近に置く。
A審判は、両ジャンパーが跳んでも届かない高さに、しかもサークルの中央に落ちてくるようにボールをトス・アップする。
Bジャンパーは、ボールが最高点に達してからボールをタップ(軽くたたく)する。
Cジャンパーは、ボールがタップされる前にジャンプボールの定位置を離れてはならない。
Dボールがどちらのジャンパーにもタップされずに床に触れた時、トスが曲がったり低すぎたりしたときは、審判はジャンプ・ボールのやり直しをする。
Eタップは2回までできる。2回目のタップをしたあとは、ボールが他の8人のプレイヤーか、床、どれかに触れるまではボールに触れてはいけない。
Fジャンパー以外のプレイヤーはボールがタップされるまで、サークルの外にいなければいけない。
G同じチームのプレイヤー2人がサークルのまわりに隣りあって位置したとき、相手チームの要望があれば、一方の位置は譲らなければならない。

〈オルタネイティング・ポゼション・ルール〉
第1ピリオドと第3ピリオド及び各延長時限を始める時以外に、従来のジャンプボールのシチュエイションに なったときには、「オルタネイティング・ポゼション・ルール」が適用され、スローインによってゲームを再開する。

〈チャージド・タイム・アウト〉
@前半は、第1ピリオドと第2ピリオドを通じて各チーム合計2回ずつのチャージド・タイム・アウトが認められる。
A後半は、第3ピリオドと第4ピリオドを通じて各チーム合計3回ずつのチャージド・タイム・アウトが認められる。

〈24秒ルール〉
自チームのプレイヤーがコート内でライブのボールをコントロールしたチームは、24秒以内にショットしなければならない。24秒の終わり近くにショットがなされ、そのボールが空中にある場合に24秒の合図が鳴らされた場合は、次のように処置する。
@ボールがバスケットに入ったとき…得点が認められ、通常のフィールド・ゴールの後と同じ方法で再開される。
Aボールがリングに触れたとき…ボールがバスケットに入らなくてもプレイはそのまま続けられる。(24秒のヴァイオレイションにならない)
Bボールがリングに触れなかったとき…24秒のヴァイオレイションになる。
Cフロント・コートでスローインのボールが与えられるときに24秒計がリセットされるケースが、あらたに「リセットされずに継続してはかるケース」、「14秒にリセットされるケース」に分類される。

〈8秒ルール〉
自チームのプレイヤーがバックコート内でライブのボールをコントロールしたチームは、8秒以内にボールをフロント・コートに進めなければならない。

〈ファウル〉
@プレイヤーは、5回ファウルを宣せられた場合、退場となる。
A各ピリオドでは、5回目のチーム・ファールにより、罰則が適用される。延長時限に起こったチーム・ファール第4ピリオドに起こったものとされる。

〈ゲームの勝敗〉
@ゲーム:各チームの目的は相手チームのバスケットに得点することと、相手チームにボールを持たせたり得点させたりしないようにすることである。
A得点:スリー・ポイント・ラインの内側からのショットによるゴールは2点、スリー・ポイント・エリアからのショットによるゴールは3点、フリースローによるゴールは1点の得点となる。
B勝敗:競技時間内に多く得点したチームが勝者となる。
C同点と延長:第4ピリオドを終了して両チーム同点のときは、1回5分(中学校では3分)の延長時限を、勝者が決まるまで行う。
●両チームは、各延長時限に第4ピリオドと同じバスケットを攻撃する。

※2009〜バスケットボール競技規則及び2010競技規則変更点より抜粋。

社会人男子・大学男子・高校男子はバスケットボール7号を使用します。
社会人女子・大学女子・高校女子・中学校(男女)はバスケットボール6号を使用します。

※競技規則は、変更となる場合があり、最新情報の確認が必要となります。
最新情報や公式競技規則の入手等につきましては、下記のリンクよりバスケットボール協会にてご確認下さい。
各スポーツの協会等についてのページへ

バスケットボール競技規則 バスケットボール サイズ規格




Copyright (C) スポーツ競技規則Navi All Rights Reserved.