漢方薬はなぜ食前又は食間なのですか?
    食後に服用してもかまわないですか?

西洋薬の場合には、ほとんどの薬が胃に強く作用する場合が多いので、空腹時のような直接胃の粘膜に作用しやすい時間を避けて、食後に服用するように指定されます。西洋薬でもその危険がないものなら吸収度の良い食前に服用指定される場合もあります。
漢方薬の場合には、本来服用して胃に強い場合は処方そのものが間違っている場合が多いです。ですから、より吸収度の良い時間ということで食前や食間という空腹時に服用します。また漢方薬の場合、薬草の香りも効果を発揮する要素になりますから、香りに敏感な空腹時に服用することが効果を高めることになります。
もし食後に服用するとこれらの効果を薄めることになりますから、出来れば空腹時のほうがベストですが、どうしても空腹時に飲み忘れる場合には、食後でも飲まないよりは良いといえます。
またたいへんまれには、胃腸が非常に敏感すぎて、どうしても空腹時に服用すると胃の違和感を覚える人がいます。この場合には食後に飲むと良いです。

[Link] トナー リサイクルトナー 中学受験 不用品 処分 リサイクル 買取 遺品整理