惑星たちのなまえとその由来

惑星たちのなまえはギリシア神話の神々にちなんでつけられているんだ。
こういう名付け方法は古代バビロニア人の頃からのもので、ギリシアの 
人々がそれを気に入って拝借したんじゃないかという説もあるんだそう。
(下の表の中の惑星の日本名はそれぞれの由来の説明にリンクしているよ)



 
一般的な呼び方 ギリシア語 ラテン語 神話の中ではこんな神様
水 星 マーキュリー
Mercury
ヘルメス
Hermes
メルクリウス
Mercurius
商業の神・旅人の守護神
(オリンポス12神の1人)
金 星 ヴィーナス
Venus
アフロディテ
Aphrodite
ウェヌス
Venus
愛、美、豊饒の女神
(オリンポス12神の1人)
地 球 アース
Earth
ガイア
Gaia
テルス
Tellus
大地の女神
火 星 マース
Mars
アレス
Ares
マルス
Mars
戦いの神・軍神
(オリンポス12神の1人)
木 星 ジュピター
Jupiter
ゼウス
Zeus
ユピテル
Jupiter
最高神・全能の神
(オリンポス12神の1人)
土 星 サターン
Saturn
クロノス
Kronos
サトゥルヌス
Saturnus
天空の神・農耕の神
天王星 ウラヌス
Uranus
ウラノス
Ouranos
ウラヌス
Uranus
天空の神・サターンの父
海王星 ネプチューン
Neptune
ポセイドン
Poseidon
ネプトゥヌス
Neptunus
海、河川、泉、地震の神
(オリンポス12神の1人)
冥王星 プルートー
Pluto
ハデス
Hades
プルト
Pluto
冥府の神

ギリシア神話によると、世界ははじめ、天と地と海とがぐちゃぐちゃに混ざり合ったかたまり
だったんだそうだ。そこから最初にガイア(地球)が生まれた。大地の女神だ。
ガイアは4人の子供を生み、そのうちの1人ウラノス(天王星)と結婚。2人の間に生まれた
たくさんの子供の中にクロノス(土星)が登場する。このクロノスは実はゼウス(木星)のお
父さんになるんだけど、ゼウスを含む6人の子供が生まれたときにいつか自分が子供に倒され
るんじゃないかとこわがって、5人の子供を飲み込んじゃったんだそうだ(!)。

このときなんとか隠されて飲み込まれずに済んだ末っ子がゼウス。クレタ島でひっそりと大人
になったゼウスは、おばあちゃんのガイアに知恵を借りてお父さんだったクロノスをやっつけ
5人のきょうだいたちを吐き出させたんだそう。
ゼウスのきょうだいのうちの2人がハデス(冥王星)とポセイドン(海王星)、このときから
ゼウスはオリンポス山の支配者になり、お姉さんのヘラと結婚しマルス(火星)が生まれた。
このゼウス、神様のくせになかなかスキモノで奥さん以外の女性との間に次々と子供をこしら
えてしまう。そういったいきさつで生まれたのがアフロディテ(金星)とヘルメス(水星)だ
と伝えられているんだ。(このへんのいきさつは神話の解釈によっていろいろみたいだけど)

ここまで読んで、きみもおわかりだろうけれど、ギリシアの神々はちっとも神様っぽくない。
感情的で奔放で、結婚するのに親子も兄弟姉妹も関係ナシ。親子で戦い始めちゃうし、世界を
支配するのはいちばん強い人、という弱肉強食・・・。
でもそういう人間っぽいところが、なんとなく親しみを感じさせてくれるのかもしれないね。

実際に惑星が生まれた順番と、神話の中で神様が生まれた順番とは残念ながら関係はなさそう
だけど、神話の中にはたくさんの星座も登場しているし、衛星や小惑星の名前にも、ギリシア
神話にちなんでつけられたものがたくさんあるんだ。
もしきみが興味を持ったなら、星とギリシア神話について調べてみるのもおもしろそうだね。


水星(Mercury):
水星は時期によって見える時間が違う。明け方に見えるときもあれば夕空に姿を
あらわすこともあるんだ。それで、ギリシアの人々は同じ水星を2つの違う星だ
とかんちがいしてしまい、最初明け方に見えるものをアポロ、夕方に見えるもの
をヘルメスと呼んでいたらしい。
ヘルメスは翼のついた靴をはいた神々の使者でラテン語ではメルクリウス。ギリ
シア神話では商業の神、旅人の守護神などとされている。
のちに水星がひとつの星だとわかると、このラテン語のつづりのMercuriusから
マーキュリー(Mercury)という英語ができあがったんだ。マーキュリーは神々
のメッセンジャーの役目を果たす知性のシンボルだとも言われている。
BACK↑
NEXT↓


金星(Venus):
明けの明星、宵の明星というとおり、金星もまた姿をあらわす時間が変化する。
それでやっぱり、この星もはじめは2つのちがう星だと考えられていて明け方の
ほうはポスポロス、夕方のほうはヘスペロスと呼ばれていたんだそう。
2つだと思っていた星が実はひとつの同じ星だということを発見したのが、かの
有名な数学者ピタゴラスで、それから金星は愛と美と豊饒の女神アフロディテの
名で呼ばれるようになった(英語ではヴィーナス)。この女神、たいそうな美人
だったらしくて、色恋沙汰のエピソードにはこと欠かない。
古代バビロニアの人々は金星をイシュタールと呼んでいたそうで、これはバビロ
ニアの愛と美の女神の名前。空にひときわ明るく輝く金星の姿に、古代の人々は
みんな女神を思い浮かべたんだろうね。
ところで、消えてしまった2つの名前の意味は?といえば、ポスポロスは“光を
もたらす者”ヘスペロスは“夕方”なんだそうで、燃やすとまぶしく光る元素の
リンの名前(Phosphorus)は、このポスポロスからきているらしい。
BACK↑
NEXT↓


地球(Earth):
古代の人々は自分たちのいるところが“世界の中心”と考えたがっていたようで、
地球には神々の母となった大地の女神ガイアの名前がつけられた。実際には地球
からほかの惑星が生まれたなんてことはあり得ない(たぶんね)んだけど、この
あたりの解釈は、たとえば日本古来の神話で“神様が雲をかきまわし、そこから
まず日本が生まれた”なんていうのと似ているのかもしれない。
ガイアはギリシア語で、現在地球の名前としてポピュラーなのはアース(Earth)
のほうだけど、これは英語じゃなくて古代チュートン語という言葉なんだそうだ。
鋳物やガラス、ときには医療に使われることもあるテリリウム(Tellurium)と
いう白銀色の合金元素の名前はラテン語のほうのテルスが由来しているらしい。
BACK↑
NEXT↓


火星(Mars):
赤い色が血を連想させたのか、火星には戦いの神マルスの名前がつけられている。
このマルスというのは、軍神というよりはむしろ争い好きな暴れ者だったらしく
神々のあいだでは鼻ツマミ者だったという話もあるんだっていう。
人々のあいだでも、争いごとが起こったときにマルスがどっちにつくかってこと
にしか興味がなかったみたいなんだ。
マースはマルス(Mars)の英語読みで、火星の2つの衛星につけられたフォボス
とダイモスという名前も、ギリシア神話の中で彼の2人の息子がそう名づけられ
ていたことにちなんだものらしい。だけどフォボスの意味は“敗走”、ダイモス
のほうは“恐慌”だっていうんだから、あんまりいい名前とは言えないかもね。
BACK↑
NEXT↓


木星(Jupiter):
太陽系でいちばん大きな惑星、木星には世界の支配者ゼウスの名前がつけられた。
ゼウスはたいへんな正義漢で、嘘や誓いを破ることを許さなかったとされている
けど、たいそう浮気性でもあったようで、女神だろうと人間の娘だろうと、ひと
たび目をつけた女性を手に入れるためならば、白鳥やら純白の牡牛やらに化けて
でもと、精力的な策略家ぶりを神話の中で発揮している。
有名な4つの衛星たちの名前(ガニメデ、カリスト、エウロパ、イオ)はすべて
ゼウスの愛人たちの名前なんだっていう話だしね。
ゼウスはラテン語ではユピテル(Jupiter)、そんな名前のついた電話器をみか
けたことがあるような気もするけど、これは英語ではジュピターと読む。バビロ
ニア人たちはマルドゥクと呼んでいたそうだ。
BACK↑
NEXT↓


土星(Saturn):
6人もの子宝をさずかったのに、いつか自分が子供に倒される日が来るかもしれ
ないと怖れて子供を飲み込んでしまったクロノスは、結局不運をまぬがれた息子
ゼウスに倒されることになってしまった。土星には、ちょっと気の毒なこの神様
の名前がつけられた。
天空の神ウラノスを父に持つクロノスもまた、天空を治め、農耕の神でもあった。
ウラノス一家は巨人族(タイタン)だったので、この巨人一族の統治も彼の仕事
だったんだそうだ。そういえば土星でいちばん大きな衛星の名前も、たしかタイ
タンだったよね?
中世までは土星が太陽系のさいはてだったから、土星は死や破壊や災いといった
人間の限界を意味するものでもあったらしい。
クロノスはラテン語ではサトゥルヌス(Saturnus)だ。これが英語のサターン
の語源になったってわけだね。
BACK↑
NEXT↓


天王星(Uranus):
天王星につけられた神様の名前はウラノス。神話ではさほど目立った活躍はない
けれど、サターン(クロノス)のお父さんで天空の神だ。
愛と美の女神のアフロディテは、このウラノスが切り落とした息子のクロノスの
“大事なトコロ”が海に落ちたときの泡の中から生まれたという一説もあるんだ。
かなりコワイ父親だったのかもしれない・・・。
さて、太陽系の惑星のまわりをまわる衛星たちの名前も、たいていギリシア神話
にちなんでつけられているんだけど、この天王星の衛星たちはなぜだかシェイク
スピアなどの文学作品の登場人物から名前をもらっているんだ。
ラテン語のウラヌス(Uranus)にちなんである元素にウラニウム(Uranium)と
いう名前がつけられた。これが原子力を生み出す不安定なウランのことなんだね。
BACK↑
NEXT↓


海王星(Neptune):
海王星の名前は海の神ポセイドンにちなんでつけられた。ポセイドンはお父さんに
飲み込まれちゃったゼウスの兄弟のひとり(ゼウスのお兄さん)なんだ。
プライドが高くて激しい性格で、ゼウスとよくケンカになったとか、ゼウスに負け
ずおとらずのスキモノだったなんて言い伝えられている。奥さんとの間に生まれた
トリトンという息子の名前が、天王星の衛星のひとつにつけられているね。
ところが、ポセイドンとその愛人たちとの間に生まれた子供は、なぜかどの子供も
気性が荒かったり怪物だったりと問題児ばかりだったそうなんだ。
ポセイドンのラテン語名、ネプトゥヌス(Neptunus)は超ウラン元素ネプツニウ
ム(Neptunium)の語源となっているんだ。ネプツニウムは使用済み原子燃料を
再処理するときにできる放射性廃液に含まれるちょっとコワイ元素。でも最近では
廃液から分離回収されて、原子炉の燃料としてリサイクルされているんだって。
BACK↑
NEXT↓


冥王星(Pluto):
プルトはゼウスのお兄さんのひとりで冥界(地下)を支配する神様なんだ。辛抱
づよく無口で厳格だったけど、公正な神でもあったんだという話だ。
人間の生き死にをつかさどるこの神の名前は元素プルトニウム(Plutonium)の
語源にもなっている。プルトニウムは原子力エネルギーを作り出すのに使われる
元素で核兵器になることもあるから、この命名は言い得て妙というところかなぁ。
ちなみにプルトニウムというのは原子炉の運転中に自然に生産されるんだそうだ。
原子炉の燃料とされるウラニウム元素のうち核分裂を起こすのはたったの0.7%。
核分裂を起こさなかった残りのウラニウムの一部(数%くらいなんだそうだ)が
中性子と合わさってプルトニウムに変わるんだって。
ところで冥王星にあるたったひとつの衛星の名前はカロン。このカロンというの
はギリシア神話では三途の川の渡し守の名前なんだそう。
BACK↑

INDEX------------------------------------PREVIOUS--------------------------------------------


COPYLIGHTS:KANAYA@アリの穴本舗(C)1997〜